定期点検から外部修繕を実施ー三鷹市

障がい者福祉施設の外部修繕工事を実施しました。

3年に一度の特殊建築物定期調査と毎年行う建築設備定期検査で劣化が進行していることを確認していましたが、前回の外部修繕から約10年経過し、補助金が認められたことから今回修繕工事を計画されました。

屋上やバルコニーの防水層を保護するモルタルが劣化し、剥離・ひび割れ箇所等が生じていました。防水層にはまだ影響ない状態でしたので、損傷の補修とさらに今後の寿命を持たせるべく表層の修繕を行いました。

同時に錆が浮きはじめた鉄部の塗装も実施し、メンテナンスしました。建物はどうしても経年劣化等の寿命がありますので、定期的な点検と早目の修繕計画が大切になります。今後とも定期点検業務等を通じ、適切な計画のアドバイスができるよう心掛けます。(吉)


庇上部:全体的にひび割れが多く見られ、立上り部分はモルタルが剥離していた。                 モルタル補修を行った。


外階段:全体的にひび割れ、白華が見られ、柵基礎部分は雨水侵入により爆裂している箇所があった。補修後、ノンスリップシートを貼り劣化しにくく滑りにくい外階段へ。


2階ベランダ:全体的にひび割れが見られ、モルタルの浮きが目立っている箇所もあったため、全面的に補修した。

This entry was posted in 障がい者施設 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.